ボイス

GRAPHと協業している各分野のプロフェッショナル、パートナーが語る、
GRAPH/北川一成とは。

【vol.1】右脳的であり左脳的。二つの領域を横断しながら「真の問題解決」を行う
町田裕治_コンサルタント・アーティスト_株式会社ボダイ 代表取締役

【vol.2/特別版】常識にとらわれず、「愛」をもってコミュニケーションをデザインする
川添善行_建築家・東京大学准教授

川添 善行氏

かわぞえ・よしゆき●東京大学卒業後、オランダ留学を経て、博士号を取得。ハウステンボスにある「変なホテル」の設計で、ギネス記録に登録される。およそ100年ぶりとなる東京大学新図書館計画を担当し、2017年に「東京大学総合図書館別館」を完成させた。設計だけでなく、「空間にこめられた意思をたどる」(幻冬舎)、「このまちに生きる」(彰国社)などの著作もある。日本建築学会作品選集新人賞、グッドデザイン未来づくりデザイン賞、ロヘリオ・サルモナ・南米建築賞名誉賞などを受賞し、空間構想一級建築士事務所、日蘭建築文化協会会長などの要職を務める。
東京大学 生産技術研究所 川添研究室
空間構想

【ヨハク】Ep.001 真剣に変なホテル
制作:ディスカバリー・ジャパン  協力:GRAPH  2017年ディスカバリーチャンネル放送


テーマパークでもない、博物館でもない。なんと、ここはなかなか予約がとれない人気ホテルです。このホテルを手掛けた人の頭の中には、どんなアイデアがあったのでしょう。

北川一成(以下、北川)「幸せや生きていてよかったとか、楽しい気持ちや感覚をデザインしたいと思っています」

2015年、長崎・ハウステンボスにオープンした「変なホテル」1号店。フロントやクロークで働いているのは、ロボットばかり。その他にも、エアコンなしでも涼しさを保つ構造や宿泊料をリーズナブルにしたことなど、様々な試みが話題となっています。
デザイナーの北川一成さん。近年、挑戦的なデザインを数多く手掛けています。変なホテルイーストアームを手掛けた建築家・川添善行さんとともに、デザインの本質を探っています。

川添善行(以下、川添)「スマートホテルプロジェクトは、最先端の技術を集めるというコンセプトで進行していました。ようやく大枠が固まってきたくらいで、プロジェクトメンバーみんなで気付いたんです。名前はこれでいいのかと」

「スマートホテルプロジェクト」というネーミング、何に違和感を感じたのでしょう。

北川「流行している言葉は、風化しちゃうんですよね。技術の発展とともにサービスも進化する、変化し続けるホテルだから『変なホテル』という名前を考えて提案しました」

それを聞いたときの反応は・・・。

川添「爆笑ですよ。ただ、みんな、受け止めるのに時間がかかったのは事実です。電話もきました。こんな名前は常識としてありえませんとか。けっこういただきましたね」

北川「10人中9人は、はっきりアウトと言っていました」

しかし、変なホテルと名付けたことで、ある効果が生まれました。

北川「変なホテルのどこが『変』なのか。みんな聞いてくれるんですよ。会話のきっかけをつくるというか。コミュニケーションが誘発されないと、次の展開につながらない。いつもそう思っています」

一度聞いたら忘れられないこの名前が、様々な興味や関心を引き寄せました。

川添「建築が社会の中で関心を持ってもらえることは、ほとんど今までなかったはずなんですよ。変なホテルは、それを実現できたと思う」

北川さんの遊び心は、ロゴマークにも入っています。

北川「ロゴマーク、あれはね、チョウチョなんですよ、一応。昆虫って完全変態するので、変わり続けるホテルのモチーフにしました。あと、クレヨンしんちゃんのオケツみたいでしょ(笑)。見方を変えると、見るだけで笑っちゃう。変なホテルで通っちゃったから、みんなあきらめの境地みたいになっていたのかも。名前は変だけど、タイポグラフィはかっこよくしました。そういうギャップが大事。日本語が読めない人が見ても、身体感覚というか、情動に訴えかけるようなカタチの印象にはこだわった。どのスイッチを押したら人が興味を持つかとか、そういうことばかり考えています」

デザインでコミュニケーションを生み出す。北川さんが大切に思うことの1つです。

川添「送り手と受け手がいて、両方含まれているのがコミュニケーション。北川さんはグラフィックを通して、コミュニケーションをデザインしていると思う」

北川「コミュニケーションは、楽しいほうがいいんですよね。どういう風にしたら、会ったこともない人がつながっていくか考えています」

川添「北川さんには愛があるんです。そんなの知らないって素振りをするところもあるんですけど」

北川「人間観察が大好きなんです。人に伝えることが仕事なので、不特定多数の人がどういう風に反応するのか、掘りさげていきたいと思っているんです」

【vol.3/特別版】何もないようで全部ある。禅をヒントに生まれたデザイン
松山大耕_臨済宗大本山 妙心寺 退蔵院 副住職

松山 大耕氏

まつやま・だいこう●1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。外国人に禅体験を紹介するツアーを企画したり、外国人記者クラブや各国大使館で講演を多数行ったりするなど、日本文化の発信・交流が高く評価され、2009年5月、観光庁Visit Japan大使に任命される。2011年より京都市「京都観光おもてなし大使」、2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」にも選出。2011年には、日本の禅宗を代表してヴァチカンで前ローマ教皇に謁見、2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談し、世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流。また、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するなど、世界各国で宗教の垣根を超えて活動中。
臨済宗大本山 妙心寺 退蔵院

【ヨハク】Ep.002 何もないから全部ある
制作:ディスカバリー・ジャパン  協力:GRAPH  2017年ディスカバリーチャンネル放送


500年以上の歴史を持つ、京都・妙心寺東海庵。ここには、ちょっと斬新なデザインを生み出すヒントが隠れていました。

北川一成(以下、北川)「アートもデザインも、大工も魚屋も、自分の中ではクリエイティブ。どれも“人間とは何か”を考えることにつながり、本質を見ることに向かっていると思うんです」

京都府舞鶴市にある、赤れんが倉庫群。2012年に「舞鶴赤れんがパーク」としてオープンしました。地域のシンボルとしてさらに発展するために、新しいロゴデザインを依頼されたのがデザイナーの北川一成さん。

北川「本来、企業のブランディングでは、ロゴやマークの色やサイズなどは正確に決めています。そのほうが、何も考えず使えるのでラクでいいんです。舞鶴のマークも、基本の赤色と青色は決めていますが、使い方によっては守らなくてもいいというルールにしました。だから、なんとなく赤、なんとなく青でもいい。レギュレーションに自由度を持たせているんです」

実はロゴマークのデザインで、色に自由度を持たせることは非常にまれなこと。

北川「一番の大事にしたテーマは、地元の人たちがとらえる“舞鶴らしさ”と考えてもらうこと。このプランは、松山さんがこの庭(妙心寺東海庵)のことや、禅のことを教えてくれたとき、思いつきました」

この庭から、デザインのヒントを得た北川さん。世界でも広く知られる禅の思想が、ここにはあります。

松山大耕(以下、松山)「禅は自分で感じるというか、体験や実践を重んじる修行です。そこから、どう自分自身の気づきを得るかが重要なんです」

北川「こちらの庭は、何もないんですよ。と思いきや、塀の外側に風景や松、建物が見えてくる。ここは、周りの“あるもの”を見せるために、何にもなくしたのだと気づいてびっくりした」

松山「無といいますと、建物のつくりそのものもそうですね。何もない特徴のない部屋に思えるんですが、機能は全てあるんです。もっと直感的に言いますと、光は無色で、プリズムで分けたら7色になりますよね。つまり、いっぱいある色を混ぜると無色になるんですね。それと同じで、無というのは何もないように見えて、実はその中に全てある

北川「デザインするとき、余白が大事だと思っています。テーブルにワイングラスがあって、まん中に置いてあれば安心して気にならないけど、端っこギリギリに置くと倒れそうで不安に思う。グラス自体は変わっていないけど、テーブルの余白が変わったことで、受け止める気持ちも変化したことになります。ここの庭も、何もないところは余白だったりする」

松山「砂紋も引く人によって、まったく印象が違って見える。同じ人であっても、初めの頃と、かき続けて3年も4年も経った頃とでは、ぜんぜん違います」

北川「舞鶴のロゴマークを使うとき、自分たちだったらどうしたいか。地元の人たちに考えて欲しいんです。ポップなお祭りをやるときは、蛍光のピンクと蛍光の青色のほうがカラフルで合うかもしれないとか。使う人や目的によって色々考えて、それに適したものを当てはめられるようにした」

こうして、気軽に使えて馴染みやすいデザインが生まれました。

北川「デザインはそぎ落としていき、不特定の人たちに共感してもらえるような普通のもの

松山「普通というのは、どんな場面であっても、どんな人でも、どんな時代でも、これすごいな、いいなと思わせるもの。それが、いい禅のデザインなんだと思います」

【vol.4】地域活性化やイノベーションに必要なのは、アーティスティックな外部の視点
榊田隆之_京都信用金庫 理事長

【vol.5/特別版】ひらめきはスナックで
佐藤としひろ_株式会社テーブルビート 代表取締役

佐藤としひろ氏

さとう・としひろ●1952年、山形県酒田市生まれ。1970年代のディスコブームを牽引した日新物産に入社。『ツバキハウス』の店長を務め、ショウパブ『黒鳥の湖』『タップチップス』、ディスコ『玉椿』『THE BEE』『KISS RADIO』などを手がける。独立後、ファッションビル『VIVRE』のプランニングや、原宿『クラブD』、六本木『PARADISO』、赤坂アークヒルズ『ADコロシアム』、六本木『トゥーリア』、大阪『ゲネシズ』そして芝浦に伝説のクラブ『GOLD』を開業。その後、リゾートホテル『リゾナーレ小淵沢』のプロデュース、バー『TANTRA』『夜光虫』、恵比寿の『みるく』をオープン。1999年、豚肉ブームの走り『ぶた家』を新橋に展開。その後、恵比寿に移り、豚ブームの火付け役となる。同じく恵比寿で歌謡BAR『X+Y』をオープンし、歌謡曲ブームを起こす。2007年には東京駅前の新丸ビルで「生産者と消費者をつなぐ役割」をテーマにした「mus mus」をオープン。いち早く食の安全、日本各地の生産者サポート、地域活性化に着目して、話題となる。また、オフィスワーカーの交流の場所として「来夢来人」をオープンし、常に時代のトレンドを見極める店づくりでマスコミにも注目される。

【ヨハク】Ep.003 ひらめきはスナックで
制作:ディスカバリー・ジャパン  協力:GRAPH  2017年ディスカバリーチャンネル放送


日本屈指のビジネス街。人とモノがあふれるこの街に、突如現れた不思議な空間。ここには、フランス人画家の展覧会と意外な関係がありました。

北川一成(以下、北川)「とにかく会場に来てもらって、自分の目で見てもらいたかった。だから、ああいう広告をつくったんです」

東京・丸の内、「新丸ビル」の中にある「来夢来人」。洗練されたビジネス街で、異彩を放つスナックです。

北川「来夢来人に行くと、掃除はしてあるんだけど、それが分からないくらいグチャグチャしていて。ポスターもはがして貼り直せばいいのに、あえて上から貼ってあったりする。清潔なんだけど、それとは違うゴチャゴチャ感がある」

ディスコからスローフードのレストランまで数多くの空間を手掛けた佐藤としひろさんが、このスナックの仕掛け人です。

佐藤としひろ(以下、佐藤)「お店には無駄というか、足りないものを必ず残しておく。それは、お店のつくり方として意識をしている」

デザイナーの北川一成さんは、来夢来人に「ある課題」を解決するヒントを見つけました。その課題とは、フランス人画家、オディロン・ルドンの展覧会ポスターに関すること。

北川「ルドンは自分の表現を追求した、アバンギャルドな画家。僕からするとパンクな人」

黒一色の奇妙な絵から、色彩豊かで幻想的な絵まで。19世紀という時代にルドンは、様々なスタイルに革新的に挑戦した画家でした。しかし、フランスでは有名な彼の名前も、日本ではまだまだ知られていない。

北川「そんなルドンを、どうやったらPRできるか。それが、もともとの依頼内容だった」

           

当たり前のことをしても、話題にはならない。

           

北川「やってはいけないシリーズを、やってみたんです」

           

文字や隙間、言葉づかいを気取りすぎないように工夫した。ルドンに親近感を持ってもらえるようにしました。

           

北川「アートに興味のある人に納得してもらえるビジュアルをつくると、興味のない人にとっては、私たちは来てはいけないんだ、とかね。そういうコミュニケーションになりかねない」

           

デザインにおける大切な役割。それは、コミュニケーション。スナックはそれを学ぶ、最適な場所なのです。

           

佐藤さんにとっても、新しい空間をつくるとき大事にするのは、人と人との交流でした。

佐藤「来夢来人も最初は壁が白くて、ポスターも何も貼っていなかった。色々な人が来ることで、お店の空間は変わっていきますので。何か少し埋めてくれるものが、スナックの中にはあるのかな。いろんな人とその場で、すぐに友だちになれたりする。今の時代に必要なものかなと」

気取らずに、自分をさらけ出す。それが、スナックで多くの人とつながる、大切なポイントでした。この気づきが、ポスターのデザインにもつながったのです。

北川「ダサいデザインであることは、つくっている本人は分かっている。洗練されている表現とは真逆だけど、アートとかデザインに興味のない人は案外、自然に見ちゃうんです。字が大きくて見やすいし」

そしてもうひとつ、ポスターづくりのヒントがここにはありました。

北川「スナックが丸の内にあったら、みんな、なにこれって言っちゃう。なにこれって言っている時点で、佐藤さんの罠にはまっている」

とっつきにくいと思われがちな、アートというテーマ。デザインのタブーに挑戦し、注目を集めることができました。

北川「真面目なときのルドンを見た人が、すごく怒った。ルドンはこんなに不良じゃないって。ルドンとは何か。反対する人と賛成する人との議論が誘発され、知らない人がルドンに興味を持っていくんですよ。デザインは、儚いよね。そもそも主役は、訪れたお客さんだから。お客さんが面白くなかったら、だめです。僕らは『あのとき良かったよね』と、思い出をつくっていると思わないと、やっていられない。残らないから、みんな。人の記憶に残るようなものを、つくりたい