プロジェクト概要

「芋の上松蔵(いのうえまつぞう)」は、神戸の老舗ベーカリー・ドンクが展開するさつま芋スイーツ専門店だ。70年以上の歴史を持つ同社のスイートポテト専門店「松蔵ポテト」の新ブランドとして、2019年に誕生した。焼き芋から作り上げるスイートポテトや、新ブランドのために2年以上試作を重ねて完成させた「芋けんぴ(甘・塩・ごま)」など、職人の丁寧な手仕事でさつま芋の美味しさを引き出した作りたてのお菓子を販売している。GRAPHはコンセプトの立案をはじめ、ネーミングやロゴタイプ、パッケージデザイン、店舗のVI などを手掛けている。

課題

  • 「松蔵ポテト」のイメージにとらわれず、「和洋折衷」「人間味」「原点回帰」「本物感」「芋への愛情」などのキーワードを適切に表すネーミングやデザインを模索していた。

GRAPHからの提案

  • さつま芋の素材を活かしながら、さつま芋の上をいく美味しさを追求する姿勢を表現した「芋の上(いものうえ)」というブランド名を考案。松蔵ポテトのスイートポテトを発案したシェフの井上松蔵氏に敬意を払い、「芋の上」を「いのうえ」と読む「芋の上松蔵(いのうえまつぞう)」とした。
  • ロゴタイプ(文字)のデザインは、和でも洋でもない「和洋菓子」のニュアンスを表現した。
  • 職人やスタッフの「芋への愛」をブランドの核となるメッセージにしようと考え、「芋愛」というスローガンを開発。ブランドロゴに添える「落款」のようなマークをデザインした。今後、スタッフのモチベーションを高めるためのツールにも展開をしていく予定。
  • 手作りで作りたてのシズル感を表現するため、デザイナー自身が試食や製造現場の視察を重ねながら、パッケージデザインをはじめ、写真撮影、コピーライティング、店舗デザインなどトータルにディレクションした。

スタッフクレジット

吉本雅俊/村部悠蔵/若狭健