ものをつくるのは、人間です。GRAPH(グラフ)が目指すことは、人の心に響くコミュニケーションデザインの創造です。お客様のニーズをくみとり、印刷をはじめ、創業以来培ってきたものづくりの技術と新たなメディアやテクノロジーを融合させ、ご提案してまいります。プロジェクトの意義を理解したうえで、その在り方を見据え、世の中に響く仕掛けと仕組みをご提案いたします。企業の売上増加や新商品の開発、また人材育成など、ブランドの強化に繋がる全てをお手伝いいたします。

Design × Printing = GRAPHお客様の頭の中にあるイメージ。それは豊かで多様性に富んでいます。ものづくりの工程ではイメージはデザインとなり、一つの仕様書に情報が落とし込まれ、現場へと託されます。しかし、現場の知恵や知識を借りたいのは、実は仕様書を決める前ではないでしょうか。GRAPHの現場であるFactory(ファクトリー)では、仕様書の内容を忠実に守るだけではなく、まずはお客様のイメージを丁寧にすくい取る努力から始めます。また専門用語ではなく、分かりやすい共通言語でのご提案を心がけ、センスや技術を持って、最適な表現を生み出していきます。私たちはその心掛けを技術とセンスと翻訳能力と呼んでいます。GRAPHのものづくりは常にオーダーメイドです。私たちはDesign x Printing = GRAPHという思想のもと、知恵・想像力・技術・素材など全てを掛け合わせた上で、最良の表現方法を導き出します。お客様の奥底にあるイメージと、お客様を感動させる表現方法。GRAPHはいつも、その完全なマッチングを追求しています。そうやって生まれたものが捨てられない印刷物になった時、代えがたい喜びが生まれます。

人間力いまの時代に必要なデザインとは何でしょうか。デザインは言葉より素早く伝わるコミュニケーション手段であり、人間の直感や本能、五感に訴えかける力があります。ですから、私たちデザイナーには、俯瞰して社会や人間をとらえ、コミュニケーションを生み出す能力が求められています。企業や地域のブランディングに携わらせて頂く場合はなおさらです。コミュニケーションを生み出すデザインこそが、ブランドを生み出し、社会に還元され得る結果を生む。GRAPHの考えるブランドとは、企業や商品が目指す未来への約束であり、姿勢だと考えています。そのためには、事業における倫理性・正当性・持続性が必要であり、つまるところ、企業や商品の人格とも言えます。私たちがデザインの力をもってお客様と寄り添い、時には意見をぶつかり合わせてブランドを作る時、いつも行き着くところは人間とはなにかという観点です。全ての価値には人が関わっています。GRAPHはデザインとものづくりを等価値に捉える視点から、ブランドの人間力を育てるお手伝いをしています。