ものをつくるのは、人間です。GRAPH(グラフ)が目指すことは、人の心に響く「コミュニケーションデザイン」の創造です。お客様のニーズをくみとり、印刷をはじめ、創業以来培ってきたものづくりの技術と新たなメディアやテクノロジーを融合させ、ご提案してまいります。プロジェクトの意義を理解したうえで、その在り方を見据え、世の中に響く仕掛けをご提案いたします。商品の売上増加や新商品の開発など、ブランドの強化に繋がる全てをお手伝いいたします。デザインの定義はとても広く、グラフィック、パッケージ、空間、プロダクト、書籍、写真、映像、ウェブなど、幅広いジャンルでご提供いたしております。デザインしましたロゴマークやキャラクターなどに発生する著作権や商標権は、経営戦略の一部として大切な財産であります。時には弁理士や弁護士と相談しながら、知的財産の管理なども行っております。

Design × Printing = GRAPHデザイナーの膨らませたイメージ。それは豊かで多様性に富んでいます。デザイナーはそのデザインをひとつの仕様書に落とし込み、印刷の現場にあとを託します。しかし、現場の知恵を借りたいのは実は仕様書を決めるまえだったりするのではないでしょうか。具現化の実作業を受け持つ印刷現場。その手法ごとにさまざまな表現を知っています。デザイナーの意図を反映させるべくイメージのポイントは仕様書の内容を忠実に守るだけではなく、入稿する前のデザイン段階にあり、それを知りたいと思ったりもします。グラフィックは常にオーダーメイドです。デザイナーの豊かなイメージと印刷加工の豊かな表現方法、それらを掛け算することは作業工程の“前提となる基礎”にあたるのです。その基礎は案件ごとに作られる必要があります。それには知恵、創造力、技術、素材など全てを掛け合わせなければなりません。そしてその掛け合わせたものから明確で最良な方法を導きだし、作業工程を進むのです。現場を唸らせるようなイメージとデザイナーを唸らせる表現方法。GRAPHはいつも、その完全なマッチングを追求しています。