1ページでわかるGRAPHのこと

追いこうじみそ
ハナマルキ株式会社

プロジェクト概要

ハナマルキの「無添加減塩 追いこうじみそ」は、熟成させた味噌にさらに「こうじ」を追加し、再び熟成させる「追いこうじ製法」で仕込んだ味噌だ。「追いこうじ製法」は、70年前からある伝統技術。「減塩」とさらなる「おいしさ」の両立を目指し、同社の職人が現代の技術で約50年ぶりに復活させた。GRAPHはブランディングを手掛け、パッケージデザインをはじめ、新聞広告やテレビCMの企画、ホームページのディレクションなど担当している。
追いこうじみそブランドサイト
追いこうじみそテレビCMの別バージョンはこちら

課題

  • 味噌のパッケージといえば、筆文字を使った古風なデザインが主流だ。だが、ライフスタイルの変化と共に、味噌汁を飲む頻度や味噌の選び方は多様化しており、それに見合ったデザインやコミュニケーションを展開すべきだと考えた。

GRAPHからの提案

  • 「毎日、味噌汁は飲まないからこそ、質の高い味噌が欲しい」「冷蔵庫の中もオシャレにしたい」など、品質はもちろん、パッケージデザインにも関心が高い、30代から40代を中心とした新たな顧客の獲得を目指すことを提案。それに伴い、パッケージをはじめ、Webサイトや新聞広告など、従来の味噌のイメージにとらわれないシンプルで現代的なデザインで統一した。
  • 若い世代と味噌の距離感を縮める施策として、日常生活に「追いこうじみそ」がとけ込むシュールな写真が撮影できるWEB ARをBASSDRUMと企画・制作した。
  • テレビCMは、CMプランナーの山崎隆明氏と共に制作。商品パッケージのコピーライティングは、国井美果氏が担当した。

スタッフクレジット

北川一成 / 八戸藍 / 田中由佳 / 高島功