デザイン

デザインとは、単に美しい造形を生み出すことではなく、情報を適切なかたちに整理する行為です。GRAPHが大事にしていることは、コミュニケーションの創出。ひとつのグラフィック、ひとつのパッケージ、ひとつの印刷物をきっかけにして生まれるコミュニケーションをいかにデザインできるか。
日々、研究と実践を繰り返しています。

ブランディング

企業や地域、事業の価値を高めるブランドづくりは、高度なコミュニケーションデザイン戦略と、プロジェクトをマネジメントできる人材が必要です。
GRAPHではキャリアを積んだマネージャーが、お客様が求めるゴールに合わせて、さまざまなメニューを組み合わせ、最大限の効果を発揮できる仕組みをご提案いたします。
ネーミング、ロゴ・マーク開発、スローガンの作成などから、知財戦略サポート、デザイン・印刷のコンサルティング、スタッフティーチングなど多方面において、内外のスタッフをキャステイングして支援をおこないます。

グラフィックデザイン

GRAPHがご提案するすべてのデザインは、「コミュニケーションの創造」を目指します。デザインをきっかけとして生まれるコミュニケーションが、お客様の求める効果につながるからです。そのためには、必ずしも格好いいデザインが良いとは限りません。
お客様が求められるゴールのさらにその先を見据え、モノではなくコトのデザインをご提案いたします。

パッケージデザイン

パッケージデザインは、グラフィックデザインに加え、構造の設計、さらには流通や売り場に並んだ時の見え方まで、たくさん考えなければならない専門領域です。商品の売り上げに直結する、非常に責任のあるものでもあります。
GRAPHは函屋(はこや)として創業した歴史があり、さまざまな商品のパッケージをつくってきました。長年培ってきたノウハウで、結果につながるデザインをご提案いたします。

WEBデザイン

ひと昔前に印刷物が担っていた役割を、今はWEBサイトが担っています。印刷物ではなしえなかった、WEBサイトでしかできない新しい表現方法もたくさん存在します。しかし形は変わっても、目指すことは同じ「コミュニケーションの創出」です。
GRAPHでは印刷物で培ってきたノウハウを活かし、WEBサイトならではの新たなコミュニケーションデザインに挑戦しています。

知財戦略

昨今、デザイン業界における知財(商標、特許、実用新案等)の重要性が叫ばれるようになりました。どんなに良いデザインでも、使えなければ意味がありません。
GRAPHは20年以上前から、優秀な顧問弁護士、弁理士と連携し、知財戦略と組み合わせたデザインをご提案しています。
感性だけでなく、ロジックもあわせもった、経営資源としての価値のあるデザインを目指しています。