Design×Printing=GRAPH

我々がずっと大事にしている言葉です。
デザインと印刷・ものづくりをできるだけ高いレベルで橋渡しすること。
GRAPHが、これまでも、これからも追求していくことです。
それらを技術とセンスと翻訳能力をもって実現していきます。

プリンティングディレクション

デザインと印刷を橋渡しすることで、あらゆる案件に対し、最適で正確なものづくりの設計をおこないます。
本社工場で技術とセンスと翻訳能力を磨いたスタッフが、ものづくりの現場監督として、お客様のオーダーや求めるイメージを形にします。

製版

製版は、印刷に最適なデータを作成する工程です。版のつくりかたで、ものづくりの表現の幅はさらに広がります。GRAPHでは、徹底したカラーマネジメント技術や独自の画像変換ノウハウに、お客様のイメージを汲み取れる翻訳能力を合わせて製版をおこないます。
色再現にこだわった写真家や海外ブランドのお客様などからも、多くの信頼をいただいています。

印刷

GRAPHのものづくりの根幹は、印刷現場にあります。紙選びやインキ選びをはじめ、オフセット印刷、活版印刷、シルク印刷やインクジェット大判出力など、さまざまな特性や利点がある印刷技術から最適な技法をご提案いたします。
毎日の工場の清掃や細やかな機械メンテナンスも大事にしています。
昭和8年の創業以来培ってきた、専門の職人たちのノウハウを駆使して、あらゆるものづくりのご要望に応えます。

調肉

印刷のインキの発色は、まったく同じインキを使っていても印刷する紙の質によって大きく異なります。GRAPHでは、紙やインキの特性に精通した調肉スタッフがインキの色を丁寧に手で調合し、調合の割合や、紙との組み合わせを常に研究しています。
職人技術と細やかな感性をもって作成されるオリジナルの色は、GRAPHのものづくりを支えています。

加工

箔押し、エンボス(紙の裏面を押し上げて浮かす方法)、デボス(紙を凹ませて表現する方法)、型抜き(紙をくりぬく加工法)など、印刷物に使われるさまざまな加工は、ものづくりの表現に深みと美しさを与えてくれます。
そのほか、箱づくり、特殊製本など、確かな技術で、ディテールまで繊細な加工をおこないます。

ラボ

新しい印刷や加工の可能性を広げるために、日々さまざまな実験を行っています。とくに新しい表現に挑戦するとき、望んだ結果が得られず“失敗”となることもあります。しかしその失敗は、別の機会で生かされることも多く、まさに“成功のもと”です。
研究の成果が、新しい案件に生かされたり、オリジナルのインキや紙などの資材・商品開発につながったりすることもあります。

その他

上記のメニューに限らず、「ものづくり」に関することなら、まずはお問い合わせください。さまざまな経験をもつ個々のスタッフの知恵やネットワークを駆使し、自社設備でできないことも含めて、お客様と一緒になっておもしろいものを作っていきたいと考えています。